不動産担保ローンのSBIエステートファイナンス 不動産担保ローンのSBIエステートファイナンス

不動産担保ローン専門会社、創業22年の実績と独自の与信・不動産評価

0120-33-4258

受付時間:月~土 8:50 - 17:30

特別優遇金利年2.4%~ 閉じる

01

私たちは多様な金融ノウハウを持つSBIグループの不動産担保ローン専門会社です。

「買取再販ローン」取り扱い開始

ご相談、仮審査はお電話・Webより無料で承ります

0120-33-4258 0120-33-4258

受付時間:月~土 8:50 - 17:30 ※土曜受付開始!

SBIエステートファイナンスの特長

  • 信頼のSBIグループ

    信頼のSBIグループ

    当社は東証一部上場企業SBIホールディングスのグループ企業です。

  • 独自審査基準での与信・担保不動産評価

    独自審査基準での
    与信・担保不動産評価

    当社独自の基準でお客様の将来性・不動産価値を評価します。

  • 専属担当によるワンストップサービス

    専属担当による
    ワンストップサービス

    一人の担当が専属でご対応。ご状況に合わせた最適な提案を致します。

  • 最短3日でのスピード融資

    最短3日での
    スピード融資

    仮審査は最短即日回答。至急の資金ニーズに迅速に対応します。
    ※審査によりご融資が出来ない場合もございます。

  • 年間ご相談2,000件以上の実績

    年間ご相談
    3,000件以上の実績

    当社には様々なご事情、ご心配、ニーズへの相談対応実績がございます。

  • ご相談・仮審査は無料

    ご相談・仮審査は無料

    お気軽にご相談いただき、当社の解決力を是非ご実感ください。

不動産担保ローンのメリット

お持ちの不動産を利用する不動産担保ローンにはこのようなメリットがあります。
当社ではご注意点も踏まえた上手なご活用をサポート致します。

  • 不動産担保ローンのメリット01

    まとまった金額の融資を
    受ける事ができる

  • 不動産担保ローンのメリット02

    償還期間を長くしライフスタイルにあわせたご返済が可能

  • 不動産担保ローンのメリット03

    無担保融資と比べて低金利

  • 不動産担保ローンのメリット04

    信用性や不動産の流動性を加味した審査・評価が可能

ご融資実績

決算等の与信面や、担保とする不動産でご不安があるケース
当社ではこの様なご融資実績がございます。

ご利用を検討されている方々へ

  • 社員紹介

    実際に審査からご融資に至るまで、お客様の担当となる社員、サポートを行う社員をご紹介致します。

  • 商品一覧

    ご融資金額・利率など各商品の融資条件をご案内致します。

    ご融資条件 ご融資条件

  • 返済シミュレーション

    毎月の返済額や返済期間のシミュレーションが行えます。

    返済シミュレーション 返済シミュレーション

  • ご融資までの流れ

    お申し込みからご融資までの流れについてご案内致します。

    ご融資までの流れ ご融資までの流れ

ご相談、仮審査はお電話・Webより無料で承ります

0120-33-4258 0120-33-4258

受付時間:月~土 8:50 - 17:30 ※土曜受付開始!

SBIグループのおすすめ情報

SBIエステートファイナンスは個人情報の取り扱いに万全を期しております。個人情報の取り扱いについては、個人情報保護に関する取り組みページをご覧ください。

不動産担保ローンをご検討される方は信頼と独自の審査基準で豊富な実績をもつSBIエステートファイナンスにお気軽にご相談ください。お借入の際には、ご融資条件をご確認いただき、計画的な返済プランを立ててご利用ください。

登録番号 貸金業登録番号 東京都知事(8)第17111号 / 特定金融会社登録番号 関東財務局長第55号
加盟団体 日本貸金業協会会員 第003635号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関:
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 TEL:0570-051-051 受付時間9:00~17:00(休:土日祝、年末年始)

SBIグループサービス

ページトップへ トップへ

By believing passionately in something that still does not exist, we create it. The nonexistent is whatever we have not sufficiently desired - Nikos Kazantzakis, Writer